バイアグラを処方してもらう

バイアグラを処方してもらう場合は、医師による処方箋が必要となります。
その際に、検査や問診を行うのですが、EDと判断されなければバイアグラを
処方してもらう事はできません。
バイアグラはれっきとした医薬品で、服用の際には注意しなければならない点や、
副作用を起こしてしまう可能性があるという点に関してもよく覚えておく必要があります。
ですから、バイアグラは簡単に手に入ると勘違いしないでおきましょう。
バイアグラは服用方法などによって重い副作用を起こしてしまう可能性があります。
例えば、1日に2錠以上の服用や、他の薬との併用などです。
1日に2錠以上服用するとは、普段は50mgを服用していて、たまたま
25mgをしかなかった場合にもそれを2錠服用して50mgにするという事はできません。
その場合は1日に2錠以上服用した事になり、体に大きな負担をかけてしまう場合があります。
また、50mgを半分にしてそれを2つ飲む事も避けて下さい。
バイアグラを服用する時は1日に1錠単位で飲むようにしないと、
副作用を起こしてしまう可能性があります。
他にも、バイアグラの効果も理解しておく必要があります。
例えば、よく勘違いされやすいのですが、バイアグラは媚薬のような効果があると思われており、
媚薬を飲むような感覚で服用すると身体に負担をかけてしまいますので注意して下さい。
媚薬は医薬品ではなく、副作用などもありませんが、バイアグラは医薬品なので、
てきとうにバイアグラを服用してしまうと危険です。
ですから、バイアグラを服用する時はこのような注意点に
気をつけながらバイアグラを服用して下さい。

 

バイアグラの成分について

バイアグラの主成分として使用されている物は、クエン酸シルデナフィルというものです。
ですが、クエン酸シルデナフィルはもともと狭心症の薬として開発が進められていましたが、
その研究の過程でたまたま被験者の中にいたEDの方が、自分のEDが一時的に
改善したと報告し、クエン酸シルデナフィルをED治療薬として研究・開発が進みました。
その結果、バイアグラが誕生したのです。
現在バイアグラはED治療薬として世界的に有名な薬となり、世界中のEDの方の
役に立っています。
バイアグラの効果の高さはすぐに知れ渡り、登場して1年もしないうちにその名が広まりました。
そして、1998年に日本でも販売が開始され、その効果の高さから、
日本でも有名な薬となりました。
ですが、狭心症の患者さんで、ニトログリセリンなどの薬を普段から服用している方が、
バイアグラと併用してしまった事で、性行為の後に亡くなりました。
その事がきっかけで病院で診察を受けなければバイアグラを処方してもらう事ができない
ようになりました。
ですから、バイアグラを手にいれるには、基本的に病院で処方してもらう方法が勧められています。
他にも、個人輸入代行などでバイアグラを海外から購入する方法があるのですが、
この方法は、医師の処方箋をなしに購入できて便利なのですが、
自分にあっているのか分からなくても服用できるので、リスクがあります。
初めてバイアグラを服用する時は、病院で診察を受けてからバイアグラを処方してもらいましょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ