レビトラの効果とその特徴

レビトラの効果とその特徴
現在、ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。
当然みな同じではなく、それぞれ特徴やメリットが存在します。

 

では、バイアグラに続いて登場したレビトラの場合、どのような効果や特徴があるのでしょうか。
ドイツのバイエル薬品が開発・製造したこのED治療薬。
塩酸バルデナフィルという物質を主成分にしています。
これによって海綿体に流れ込む血液の量を増やしの勃起力を向上させることができるのです。

 

最大の特徴は即効性の高さ。最短では服用後15分程度で効果が表れてきます。
バイアグラ、シアリスの30~60分に比べるとかなり早く実感することができます。
性行為に合わせて使いやすい点が大きな魅力です。

 

それから強さ。とくに20mg錠では改善される勃起力の強さが大きなメリットとなっており、
糖尿病患者など重度のEDに悩んでいる人にも効果を発揮することができます。
食事の影響を受けにくい点もバイアグラに比べると大きなメリットです。
食事の影響をまったく受けないシアリスには及びませんが、食前の服用も限定的ながら可能で、
食後30分程度経過すれば影響もなく服用することができます。

 

気になる持続時間は10mgで4時間程度、20mgなら8時間程度。
即効性の高さとうまく組み合わせれば服用のタイミングを掴みやすいでしょう。
これらレビトラの効果や特徴を把握した上で活用すれば大きな成果を得ることができるでしょう。
自分に向いてそうだ、と思った人は購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

レビトラの効果とよくある誤解

レビトラの効果ですが、勃起状態を維持することに絶大なる効果を発揮することで知られています。
ですからよく中折れという言葉が使われることがありますが、
セックスの最中に射精をしていないにもかかわらず勃起状態が収まってしまうといった事態を妨げることが期待できます。
男性は性的興奮を覚えると陰茎が勃起をします。

 

しかし一度勃起をしてもずっとそのままの状態を維持するということはありません。
いずれは勃起状態は静まります。
むろん、射精をすることによって勃起状態が収まります。

 

しかし射精がなくても、勃起が収まることはあります。
これは男性の体内には、勃起を鎮める効果のある酵素があり、
その酵素の働きによって勃起状態から元のペニスの状態に戻るわけです。

 

レビトラの効果が出る理由として、この勃起を鎮める酵素に対して作用することが挙げられます。
勃起を鎮める酵素の働きを鎮静化させる働きがあります。
よって勃起を一度するとこの状態を邪魔するものがいなくなり、
よって勃起状態を継続させることができるわけです。
レビトラの効果について、誤解を持っている方も少なくありません。
そこで効能に対する誤解もここで指摘しておきましょう。

 

まず薬を服用することによって、性的な興奮を催すような催淫作用はありません。
また薬を服用することによって、精液の量が増え不妊を解消するという効能もありません。
以上のような用途で薬を購入しても期待される効能はありませんから注意しましょう。

 

 

レビトラの効果とその仕組み

レビトラは、勃起を抑える酵素の働きを抑制することによって効果を発揮します。
選択性の高い作用を有し、人体に数多く存在する酵素の中から、
PDE-5酵素など特に勃起障害に関わる酵素を選んで有効に効果を発揮するという特徴があります。

 

レビトラの効果は最大で5時間ほど持続し、実感できる効能についてはバイアグラ、
シアリスと比較しても最も優れているという意見が多いようです。
バイアグラの服用から始めて効果を実感できず、レビトラを使用して初めて満足のいく結果を得られた、
というケースも多いようです。
即効性と目に見える形での効能に富むことから、愛用者が多い治療薬といわれています。
レビトラは長期の服用で安定した効果を得ることができます。
最初は効かなくても、徐々にEDの改善が見られるというケースも少なくありません。
糖尿病の患者や、前立腺がん手術後のED患者に対しても高い実績を誇っています。
また、精神的要因(機能性)のEDと、身体的要因(器質性)のEDの両方に効き目があるため、
使用者を選ばない点もメリットとして挙げられます。

 

効き目が弱いと判断された場合は、10mg錠から20mg錠に使用を切り替えます。
20mg錠は長時間勃起を持続させたい場合にも有効です(最大約10時間)。特に糖尿病の方、肥満気味の方、高血圧やうつ病の治療薬の副作用でEDを発症した方についてはなかなか効き目が現れないことが多いので、20mg錠の服用がすすめられています。

 

 

レビトラの効果で勘違いされがちなこと

レビトラの効果で勘違いされがちなこと
レビトラの効果は、あくまでもEDの治療のためのものです。
しかしレビトラをはじめとしたED治療薬について、
誤った認識を持っている人がいるので注意してください。
よく勘違いされがちなこととして、性的興奮をうながすものや、精液の量が増えるというものがあります。

 

しかし実際には、レビトラの効果にはこのようなものはありません。
またレビトラを飲めば必ず勃起すると思っている人がいますが、これも間違いです。

 

レビトラの効果は、あくまでも勃起しない人が勃起できるようにするというものなので、
ただ飲んだだけでは身体に変化が起こることはありません。
レビトラを飲んだ状態で性的な刺激を受けることで、
今まで勃起しなかったはずが勃起するようになるのです。
レビトラだけでなくバイアグラ等のED治療薬に対して、
このような間違った考えを持っている人はたくさんいます。

 

精力増強剤のような感覚でレビトラを使おうと思っても、そのような効果は得られないのです。
ひどいものになると、自分が思っている効果が出てくれないので、数を増やしてみようという人までいます。しかしそのようなことをしても決して効果がでるわけではなく、逆に副作用が出やすくなるだけです。
病院で医師の診察を受けて、レビトラが必要だと判断された場合は、
レビトラの効果はどのようなものなのか、しっかり説明を受けることができます。
しかし個人輸入等、病院を介さずにレビトラを購入した人は、このような勘違いをしてしまうのです。
一歩間違えると命の危険があるものなので、くれぐれも効果を間違って覚えないようにしてください。

 

レビトラの特徴的な効果の現れ方

レビトラの特徴的な効果の現れ方
レビトラの効果の特徴として、より多くの人に勃起を実感することができるという点が挙げられます。ED治療薬は現在ではいろいろな種類がすでに販売されていますが、どれも確実にすべてのED患者に対して改善が認められるわけではありません。個人差がありますし、場合によってはなかなかEDの症状が改善しないという患者さんもいます。
しかしレビトラの場合、ほかの薬でもなかなかEDの改善効果がみられなかった患者さんでも勃起を実感することができるケースが多いのです。特に病気が原因でEDになってしまった人に対しての効果の発現率がほかのED治療薬と比較して高めであるというのがよく言われています。
例えば糖尿病を患っていたり、前立腺がんを患っている人の間で、EDにかかる人が結構います。前立腺がんの場合、手術をした後にEDになってしまう人が結構いるようです。このように病気が原因でEDになってしまった人の場合、いろいろなED治療薬を試してみても症状の回復がなかなか認められないケースがあります。ところがレビトラを服用してみたところ、糖尿病や前立せんがんの手術経験者でも効果を実感することができたという報告がすでに数多くなされています。
より多くの人が効果を実感できるという面ではほかのED治療薬とは違っているといえます。このため、ED患者の中には数種類のED治療薬を併用して利用している患者さんも多くいらっしゃいます。しかしレビトラの場合、この薬一本でED対策をしているというケースも結構目立っているのです。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ