レビトラの効果と食事について

レビトラの効果と食事について
ED治療薬はいろいろとありますが、ネックとなる点があります。それは食事などと一緒に服用をすると効果が半減をしたり、現れ方が遅れるといった点です。しかしレビトラの場合、食事やお酒と一緒に服用したとしても、あまり影響を受けることがないという点がメリットとしてよく紹介されています。
女性とセックスをするシチュエーションをイメージしてみましょう。ケースバイケースであることも確かでしょうが、一般的な常識と照らし合わせてみるとたいていはセックスをするタイミングは夜ということになるはずです。ということは、たいていは女性の方と食事を共にしているか、場合によってはバーなどでお酒を飲んでそこからベッドインというのが多くの人の流れだと思われます。
逆から見てみて、空腹状態で女性とベッドをともにすることはまずないでしょう。ということは、セックスのためのシチュエーションとして食事やお酒というのは欠かすことができないものではないでしょうか?そこで食事制限をED治療薬のために課すのはいささか不合理な話といわざるを得ません。
レビトラの効果は食事やお酒でも影響を受けることはありません。このことは通常のセックスライフに照らし合わせてみるとこれほどありがたいことはありません。しかもレビトラの効果として即効性もあります。よってベッドインするシチュエーションになった時、よけいなことを考えずに気楽に服用することができるところが、安定したユーザーを獲得している理由の一つといえるでしょう。

 

レビトラの内容と効果

バイアグラに続く「第2のED治療薬」として大いに話題となったレビトラ。
ではこのED治療薬はどのような内容で、どのような効果を持っているのでしょうか。
このレビトラは塩酸バルデナフィルという物質を主成分にしています。
これは海綿体の血液を増加させることによって勃起力を高める働きがあります。
海綿体への血流を阻害する「PDE5」という物質がありますが、塩
酸バルデナフィルはこの物質の働きを阻害することによって血液が海綿体へと流れ込みやすくしてくれるのです。

 

国内での実験では被験者のおよそ80%に効果が表れるという結果がでており、
その優れた内容が高く評価されています。
基本的にはバイアグラと同じような内容を持っているこのレビトラですが、
バイアグラにはないさまざまなメリットがあります。そのひとつが食事の影響を受けにくいこと。
バイアグラの場合、服用後食事をすると大幅に効果が低下してしまいますが、
こちらは食事の影響を最小限に抑えることができます。また、食後30分程度での服用が可能です。

 

また、即効性にも優れ、服用後15~30分程度で効果が表れてきます。
性行為の20分前くらいを目安に服用することで勃起力の向上を実感することができるでしょう。
これは後発のシアリスにもない大きなメリットです。
このように、レビトラは独自の内容で優れた効果を発揮しているED治療薬なのです。
ED対策に大きく役だってくれることでしょう。重要な選択肢として加えてはいかがでしょうか。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ