レビトラの効果とメリット

レビトラの効果とメリット
レビトラ(levitra)は別名「塩酸バルデナフィル水和物」ともいわれ、世界各国でEDの治療薬として使用されています。日本では、バイアグラの発売以来5年ぶりのED治療薬として注目を集め、発売開始以来、好調な売れ行きが続いています。その効果については、臨床実験の段階でも「バイアグラが効かなかった患者にも効果が認められた」と報告されており、多くのED患者にとって福音として迎えられました。
レビトラのメカニズムはバイアグラやシアリスと同様です。勃起を阻害する酵素の働きを抑えることで、持続力のアップ、硬度の向上に効果が期待できます。性欲そのものをアップさせるような興奮作用はありません。
レビトラは即効性が高く、15分から20分で効き目が現れる方も少なくないようです。空腹時やアルコールを摂った後に服用しても問題なく、さらには糖尿病患者や、前立腺切除患者の改善例も数多く報告されています。服用した患者の実に8割から9割にEDの改善が見られたという臨床データもあります。
ただし、レビトラは満腹状態や脂っこいものを食べた後に服用すると、効果が落ちることがあるので食後は30分以上間隔をあけて服用するようにしましょう。効き目が強すぎる場合、副作用が心配な場合は1錠をカッターなどで半分にカットして服用しても問題ありません。まずは少ない量から始めて、効き目が無ければ徐々に服用する量を増やしていくと良いでしょう。もちろん、50代や60代の男性に対しても高い効果が期待できます。

 

レビトラの効果をより実感するためには

レビトラの効果をより実感するためには
レビトラは基本的に食事やアルコールの影響を受けないとされていますが、まったく受けないというわけではありません。バイアグラほど影響を受けないというだけであり、食事による影響は確実にあります。そもそもレビトラとバイアグラの違いには、身体への吸収が早いというものがありますが、やはり空腹時に服用した方がレビトラの効果をより実感できるのです。
時間(スケジュール)の都合上、食事の後の方が好ましいという人もいるでしょう。その場合は、思いきって食事前にレビトラを飲むようにすれば良いのです。レビトラが身体に吸収されるまでの時間は20~30分ほどなので、食事前20~30分の段階でレビトラを服用しておけば、食事の時にはすっかり身体に吸収されているのです。
レビトラの効果が発揮されたままではまずいのではと思う人もいますが、そもそもレビトラを服用したからといって、すぐに勃起するというわけではありません。レビトラの効果は勃起しづらい人が勃起しやすくするというだけのものなので、性的な刺激を受けなければほとんど変化はありません。人によっては目の充血などの症状もありますが、それでも体調不良を感じるというようなものはないのです。そしてレビトラの効果は4時間くらいあるので、時間的にも十分に余裕があると言って良いでしょう。
行為の直前に飲めば良いのではなく、このようにいかに効率良くレビトラの効果を発揮できるようにするのかも、レビトラを服用する時には重要なことなので覚えておきましょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ