レビトラとバイアグラの歴史について

現在、ED治療薬としてバイアグラやレビトラは有名なのですが、その歴史について知っている人はどれくらいいるのでしょうか。

 

例えば、バイアグラに関してはもともと狭心症を患っている人のために、薬を開発している時に製造されました。

 

それが、実験の段階で被験者が「EDが一時的に改善した」という報告が多かったために、急遽ED治療薬として開発が進められました。

 

あまりの効果の高さに、被験者の中には薬剤の返還をしなかったという説もあります。

 

そして完成したのがバイアグラで、多くのEDの人の症状を改善しているのです。

 

次に、レビトラなのですが、レビトラはバイアグラよりも後に登場したもので、
2004年に登場しました。

 

欧米では日本以上に知られており、広く販売されているます。

 

もちろん、世界的にも有名なED治療薬で世界中に愛用者がいると言われています。

 

レビトラとバイアグラは効果に関しては非常に似ており、勃起状態をサポートするような効果が期待できます。

 

そのため、EDの人は効果がある間中は勃起ができるようになるのです。

 

ただ、媚薬のような効果はありませんので、勝手に勃起したり興奮状態になっている訳ではありません。

 

よくある勘違いで、バイアグラやレビトラを服用すると、長いことずっと勃起しっぱなしだと思っている人もいますが、そんな事はありません。

 

ですから、普通に生活する分には特に問題ありませんし、副作用に関しても何らかの形になるわけではありません。

 

バイアグラやレビトラを正しく理解して、服用してください。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ