レビトラの効果とやってはいけないこと

レビトラの主成分としては、塩酸バルデナフィルがあります。

 

塩酸バルデナフィルを摂取すると、平滑筋を弛緩させる事ができ、
海綿体に血液が流れやすくなることで、勃起しやすい環境を作る事ができるのです。

 

そして、結果的にEDが改善していくというように、
EDを改善するために必要な薬だと言っても過言ではありません。

 

レビトラは、バイアグラよりも高い勃起り改善効果や即効性があるという事で、
多くの人が活用しており、多くの人が利用しています。

 

ただ、効果が高いと言っても副作用や服用方法を知っていなければ、
本来の効果を発揮できないどころか、重い副作用を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

例えば、1日に2錠以上服用したり、他の薬と服用するなどは、
体に大きな負担を与えてしまい、重篤な副作用を起こしてしまう可能性があります。

 

一緒に服用ができない薬としては、高血圧対策用に服用している薬が挙げられます。

 

レビトラを一緒に服用すると急激に血圧が下がってしまいます。

 

そのため、倒れてしまったり体調を崩してしまう怖さがあります。

 

また、場合によっては不整脈を生じる事もあります。

 

薬だけでなく、グレープフルーツと一緒に摂取するとレビトラの効果が強く表れてしまい、体に負担をかけてしまう事もありますので、服用の際には気をつけてください。

 

このようにレビトラを服用する時にはどんな事に気をつけたらいいのかを、事前に調べて、どんな事に気をつけたらいいのら良く勉強しておきましょう。
ED治療薬の中でも、最短の即効性に特徴があるのが、レビトラです。

 

バイアグラは1999年に日本で解禁となりましたが、レビトラは実にそれから5年もの歳月を経て発売されました。

 

レビトラの特徴といえば、即効性の他に食事の影響を受けやすいという点があります。

 

これはバイアグラと同じで、食後30分から1時間ほどは消化の関係で服用しても成分が流れてしまう可能性があるのです。

 

バイアグラよりも、効果の持続時間が長いという特徴もあります。

 

薬の成分量にもよりますが、10mgで4時間、20mgで8時間というのが、平均的な持続時間です。

 

これは、バイアグラが5時間以内でおさまってしまうのに対して、やはり魅力ではないでしょうか。

 

成分量によって、持続時間を選べるのにも注目です。

 

 

圧倒的な即効性は、服用してから15分~30分で効果を実感できるというほどです。

 

これなら、性交のタイミングを損ねてしまうことなく済みそうですね。

 

勘違いしてほしくないのは、持続時間というのは勃起したままではないということです。

 

勃起したまま数時間もなんて、どうかなってしまいそうですよね。

 

そうではなく、性的刺激を受ければ勃起が可能な時間が効果の持続時間なのです。

 

刺激がなくなれば勃起もおさまってきますので、安心してください。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ