シアリスとED治療薬

シアリスはED治療薬の中でも一番効果の持続力があるとして、多くの愛用者がいますが、
他のED治療薬であるレビトラやバイアグラもシアリスよりも劣っている訳ではありません。
例えば、勃起力が高いと言われている物はバイアグラで、即効性のあるものは
レビトラと、それぞれに特徴がありますので、一概にどれが良いという事は言えません。
まず、それぞれのED治療薬にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。
初めに見てみる事は効果です。
バイアグラ、レビトラ、シアリスは、それぞれ特徴があると言いましたが、
効果自体はほとんど変わりません。
ED治療薬の効果は、勃起をサポートするための効果があります。
それは、勃起を阻害している酵素の働きを抑制する事で実現しているのです。
効果自体は変わらないのですが、特徴に違いがありますのでその点を見極めて下さい。
まず、バイアグラなのですが、バイアグラの一番の強みと言えばやはり、
効果が強いという事です。
体験談などでもよく言われる事なのですが、バイアグラを服用すると
「無理やり勃起しているみたい」だという方が多いのです。
ですから、EDが結構進行している時にお勧めの薬だと言えます。
次は、レビトラです。
レビトラは服用してから15分~30分で効果が現れます。
最後はシアリスです。
シアリスは効果の持続力が高いとして有名な薬です。
その持続力は最大で36時間、平均でも24時間あります。
このような特徴を踏まえて、どのED治療薬を使用するのか考えて下さい。

 

シアリスの添付文書

シアリスは一番新しいED治療薬で、効果の持続力が素晴らしいとして、
世界的に有名な薬になりました。
そのシアリスの事を添付文書で知る事ができます。
添付文書にはシアリスの特徴や飲み方、注意点がまとめれているので、
それを読み込んで安全にシアリスを購入できるようにして下さい。
まず、シアリスの用法・用量についてなのですが、軽度の肝障害のある方は
10m以下のものを推奨しています。
また、中度~重度の腎障害を持っている方に関しては、5mg以下の服用となっています。
10mgを服用した場合は、自分に効果が現れるのかどうかを確認して下さい。
特に変化が現れない場合は次に主成分の含有量が多い、20mを服用してみましょう。
このように、シアリスを服用する時は、少しずつmg数を上げていきましょう。
次は、シアリスを服用する対象者に関しては、勃起不全(ED)の方だとあります。
シアリスはEDに悩まされている方のための薬です。
世間では若干EDの疑いのあるものでも服用できると言われていますが、
添付文書ではEDで断定した場合にのみシアリスを処方してもらう事ができません。
確かに、特にEDの症状を感じない方がシアリスを服用すると、
効果を感じないどころか副作用を起こしてしまう可能性があるため、
服用しないように促しているのですが、自分がEDかもしれないと悩んでいるのでしたら、
自分の体調と相談しながら服用してみてもよいでしょう。
ただ、どうなるか分からないので、服用する前に診察を受ける事をお勧めします。

 

 

タダラフィルの副作用とは

タダラフィルと言う成分をご存知でしょうか?
タダラフィルとは、シアリスの主成分の事です。
シアリスは、世界中で人気のあるED治療薬で、その効果に関しては
日本でも認められており、あまりの効果の高さ故に日本人のほとんどは
シアリスの名前を知っています。
シアリスは、効果の持続時間が長い事で有名で、1度服用すると効果が最大で36時間、
平均で24時間持続すると言われています。
そのタダラフィルの副作用を理解して、万が一に備えて下さい。
タダラフィルの副作用としては、顔のほてり、むかつき、頭痛、消化不良、目痛、
結膜の充血、やたら眩しく感じる、景色が青っぽく見えるなどがあります。
一番よく起こる副作用としては、顔のほてりや頭痛です。
この症状は比較的軽度で、もし起こったとしてもそれほど重く輪ならないので、
安心してシアリスを服用する事ができます。
ですが、その中でも危険なものは、景色が青っぽく見えるという視覚異常が現れた場合です。
景色が青っぽく見え、運転中などにこの症状が起こった場合は、危険ですので、
すぐにそばに車止めて体を休めてみて下さい。
この症状が起こった場合でも4時間くらいすれば自然に治まっていきます。
もし症状が治まりそうない場合は、すぐに病院へ行って診察を受けてみて下さい。
もしかしたら、シアリスがあっていない可能性があります。
このように、シアリスの副作用を理解して、危険な状態になったらすぐに
病院で診察を受けるように工夫して下さい。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ