精力剤とは違うバイアグラ

バイアグラによく勘違いされるのが、性的興奮や刺激を与えていないのに勃起すると思う人がいるということです。

 

通常、陰茎は血管の平滑筋が収縮しているので、勃起していません。

 

しかし、何らかの刺激が加わって血管の平滑筋が弛緩し、血液が流れ込むと勃起してきます。

 

勃起不全の人には、平滑筋が弛緩する物質が少ないといわれています。

 

バイアグラは、その物質が減少しないようにコントロールして勃起に導く薬なのです。

 

ですから、精力剤とは明らかな違いがあります。

 

 

精力剤は媚薬のようなもので、滋養強壮効果で性欲が増してくるというメカニズムです。

 

つまり、体を元気にすることで意欲がみなぎってくるというところでしょうか。

 

勃起自体は精力が起こしているものではありませんから、精力剤を飲んでも勃起不全には影響がないのです。

 

そのため、健康な人がバイアグラを飲んで精力絶倫になるというようなことはありません。

 

もちろん勃起時間が持続するというような効果はあるかもしれませんが、精力剤とは違うということを覚えておきましょう。

 

 

勃起不全の人の中にも、精神的に性行為に抵抗がある人がいるでしょう。

 

その場合は、精神的な原因を取り除くことも重要です。

 

精神科に通いながら、バイアグラの処方もしてもらえる病院を探してみてはいかがでしょうか。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ