レビトラジェネリックとインドの深い関係

現在、確認されているレビトラジェネリックは、全てインドで製造されています。

 

全てがインドで製造されているのには、深い理由があります。

 

 

インドでは、深刻なED治療の薬不足から、
国内で使用する目的で成分の同じジェネリック製といわれる薬品の開発を始めました。

 

正規品では、価格も高く、需要はあっても普及する事が出来ない為、
価格の安いジェネリック製を代用に普及に努めました。

 

インドがこうした動きが出来るのも、インドの特許に関する法整備の不備とも言えますが、
そのお陰でレビトラジェネリックなどのジェネリック製が日本国内にも入ってくるのです。

 

 

レビトラジェネリックとは、レビトラの成分をそのまま使った薬物で、
効果、副作用共にレビトラと全く同じものを総称してレビトラジェネリックと呼びます。

 

現在確認されているレビトラジェネリックは、3種類で、いずれも製造はインドになります。

 

 

インドのFDAといわれる薬事認可もしっかりと受けている薬ですので、効果は十分期待できます。

 

問題は価格なのですが、レビトラジェネリックの価格は非常に安く、
医師の処方でレビトラが2100円するのに対して、レビトラジェネリックの価格は675円と破格の値段になっています。

 

驚く方もいるかと思いますが、開発費などのコストがかからない分、
製造にかかったコストのみで販売出来る為、このような破格の値段が実現します。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ