レビトラジェネリックの1錠辺りの価格

レビトラジェネリックの魅力は何と言ってもその価格にあります。

 

レビトラジェネリックの1錠辺りの価格は、本家レビトラの価格を遥かに凌駕する価格になっていますので、
多くの男性が安いレビトラジェネリックを求めて個人輸入代行業者を利用します。

 

 

レビトラジェネリックとは、レビトラの成分をそのまま使った別名の製品の事を総称して呼び、
レビトラと全く同じ効果副作用を持った薬になります。

 

通常、薬の販売には製造にかかったコスト以外に開発費や研究費などのコストも含めて価格が設定され販売されます。

 

 

しかし、レビトラジェネリックはレビトラの成分をそのまま使って製造されますので、
本来かかる開発費などのコストが全くかからないというメリットがあります。

 

そのため、レビトラジェネリックの価格は非常に安いものになります。

 

医師の処方でレビトラを入手する場合、10mgで1500円、20mgで2100円になります。

 

1錠辺りの価格になりますので、処方してもらう場合には、
10錠、或いは20錠とまとめての処方になり、金銭的な負担も非常に大きな物になります。

 

 

対してレビトラジェネリックでは、1錠辺りの価格は675円とレビトラとは比較にならないほどの安さになりますので、
レビトラと同じ価格で60錠、70錠と購入する事が出来ます。

 

この安さは何よりも消費者にとっては強い味方だと言えます。

 

レビトラジェネリックは、個人輸入でのみ購入する事が出来ます。

 

安くED治療をしたいと考える男性がいれば、レビトラジェネリックを試してみるといいでしょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ