レビトラと顔のほてりについて

を始めて使用した人で、「顔がほてった」、「顔が熱を持ったような感じがした」、
「赤面がしばらく続いた」などの副作用を感じて心臓にでも悪影響が出たのではないかと驚く方がいますが、これはもっとも一般的なレビトラの副作用で、
レビトラを使用した9割以上の人の場合で見られることですからまったく心配する必要はありません。

 

 

こうした「顔がほてる」、「顔が赤くなる」といった副作用はED治療薬の場合には、
バイアグラであってもシアリスであっても同様に起こります。

 

これはEDの治療薬の主な作用が血管を広げて血流を良くすることによって生じるものです。

 

つまり陰茎だけではなく、顔など体の隅々まで血液の流れが良くなっている証拠であり、
逆に言えばレビトラが良く効いている証拠だとも言えるのです。

 

 

このような「顔のほてり」や「顔が赤くなる」といった症状は通常は数十分で無くなります。

 

またレビトラの場合ED治療薬としての効果は10時間ほどの長期に渡って持続しますが、
顔のほてりや赤みはすぐに取れてしまうので、性行為の後に外出をしなければならないような時でも、その頃にはほてりや赤みは取れてしまっています。

 

 

またレビトラの副作用として顔のほてりの次に多く耳にするのが、「鼻が詰まる」、「軽いめまいがする」、「動悸が早くなる」、「見る物の色が何となく青色がかって見える」、「まぶしく感じる」、「物がかすんで見える」などと言った症状がありますが、顔のほてりなどと同様にこうした副作用もしばらくすると取れてしまいます。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ