レビトラの個人輸入と服用方法

レビトラの個人輸入と服用方法
レビトラの個人輸入は便利ではありますが、問題点も多々あります。とくに気をつけなければならないのが服用方法。正しい量や用法を守った上で利用しなければ深刻な健康被害に見舞われる恐れもあるのです。本来レビトラの入手に医師の処方が必要なのも副作用などのリスクが存在しているからです。
ですから、個人輸入を行う際にはまずレビトラにはどのような副作用があるのか、使用上の注意があるのかを把握しておく必要があるのです。
レビトラの副作用としてよく知られているのが頭痛とのぼせ。また消化不良や血圧の低下によるめまい、鼻水なども挙げられます。
また服用上の禁忌もあります。低血圧や高血圧の人は服用ができませんし、不整脈や心臓病などを抱えている人もダメです。また過去に心筋梗塞や脳梗塞の病歴がある場合にも服用は避けるべきです。
それから他の薬との併用。ニトログリセリン系の薬や心臓病治療の薬を服用している人はレビトラを併用することはできません。また主成分であるバルデナフィルに対してアレルギーを持っている人も注意が必要です。
意外なところではグレープフルーツを食べた後の服用も禁忌となっています。
このように、レビトラの服用には注意点が多数あります。安易に入手し、服用すると重大な問題が発生することも少なくないのです。不安がある人は避けるか、あらかじめ医師に相談しておく必要があるでしょう。個人輸入で服用する際には問題がないかくれぐれも注意しておくようにしましょう。

 

レビトラの個人輸入と服用量

レビトラの個人輸入と服用量
バイアグラに続くED治療薬として登場したレビトラ。その優れた効果が注目され、今ではバイアグラと並ぶED治療薬の代名詞として知名度を高めています。
レビトラは服用後15~30分程度で効果が表れる即効性が大きな魅力です。またバイアグラよりも効果が高く、重度のED治療にも利用されています。食事の影響も少ないため、食後30分程度での服用も可能です。こういったメリットからレビトラを日常的に使用している人も多いようです。
そんなレビトラの入手方法として人気なのが個人輸入。医師の処方なしに海外から直接入手する方法です。この方法なら好きなだけ入手することができますし、医師の診察料がかからない分料金の負担も少なく利用することができます。
しかし、ここで注意が必要なのが服用量。当然量が多ければ多いほど効果が高くなり、持続時間も長くなります。持続時間は10mgで4時間程度、20mgだと8時間程度になります。しかし、その分体に対する負担も大きくなり、副作用などのリスクを負うことになります。自分の健康状態をよく把握した上で入手する必要があるのです。
それから服用の頻度。レビトラは1日1回、次に服用するまで24時間以上の間隔をあける必要があります。性行為を行うからといって間隔を考えずそのたびごとに服用すると深刻な被害が生じることもあるのです。
個人輸入で入手するとついつい服用量が多くなってしまいがち。個人輸入での服用は自己責任となりますから、くれぐれも適量を守るようにしましょう。

 

レビトラの効能と個人輸入

レビトラの効能と個人輸入
レビトラ(別名:塩化バルデナフィル)はバイアグラに続いて国内で認可された2番目のED治療薬です。

 

アメリカ、ヨーロッパをはじめとして、世界百カ国以上で販売されている非常に人気の高い医薬品のひとつです。
従来のED治療薬に比べ、副作用が少なく、

 

即効性にも優れているため比較的取り扱いの容易な医薬品といえるでしょう。
レビトラは安全性に富むことから、医療機関で入手できるのはもちろん、

 

個人的に輸入することも可能となっています。

 

輸入代行業者などでも幅広く取り扱われており、

 

ネット上の通信販売を利用すればごく手軽に入手できるでしょう。

 

価格は一箱1万円前後となっており、シェアの拡大に伴い徐々に低価格化が進んでいます。

 

ジェネリック医薬品も存在するので、費用を抑えたい場合にはこちらを利用しましょう。
レビトラは、バイアグラと同様に勃起を妨げるPDE5という酵素を抑制することで効果を発揮します。

 

血流が促進されるため、まれに頭痛や目の充血といった副作用が現れることもあるようです。

 

服用後、数時間に渡って効果が持続するので、その間に性行為を行なうことで効能を得られます。

 

副作用については、薬の効き目が切れるとともに解消される場合が多いようです。
1日以上前の性行為に備えたい、そんな場合はシアリスの服用がおすすめです。

 

レビトラよりも長時間作用するので(24時間以上)タイミングを選ぶことなく服用が可能です。

 

持続力で選ぶならシアリス、短期集中型で行くならレビトラがおすすめです。

 

両者ともに医療機関や個人輸入の代行サービスを通じて購入が可能となっています。

 

レビトラはどの国から輸入する?

レビトラはどの国から輸入する?
レビトラは日本国内でも製造販売されている勃起不全(ED)の治療薬です。レビトラは日本国内でももちろん人気ですが、日本以外の世界各地で製造販売されている医薬品なので、個人輸入代行業社を利用してレビトラを海外から輸入する場合にも、いろいろな国から輸入する事ができます。
レビトラが製造販売されている国は、日本以外にはヨーロッパ方面、北米方面、そしてアジア方面などに大きく分類する事ができます。一つの個人輸入代行業者がいろいろな国からレビトラを輸入するのではありません。それぞれの個人輸入代行業社が、どこの国で製造販売されているレビトラを輸入するのか、あらかじめネットなどで公表されている場合がほとんどなので、特定の国で製造販売されているレビトラを輸入したい場合には、その国からレビトラを輸入している個人輸入代行業社を選ぶことができます。
どこの国で製造販売されているレビトラも、レビトラとしての厳しいいくつもの基準をクリアしなければレビトラとして販売されませんから、品質は心配する必要はありません。しかし、中には偽物のレビトラを輸入しているような悪質な業者などもあったりするようなので気をつけなければいけません。
偽物のレビトラは製造過程の衛生面などに問題があったりして、不純物が混じっている事もあるようです。ジェネリックのレビトラでも、純正のレビトラと比較してあまりにも価格が安すぎる場合には、偽物ではないかと疑ってかかる用心深さも必要かもしれませんね。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ