レビトラを自分で輸入する際の問題点

レビトラを自分で輸入する際の問題点
レビトラはED患者であれば日本の病院に行けば処方箋を書いてもらえますが、実際にEDの診査で病院におもむくのは手間ひまのかかることであり、それまでに利用したことの無い病院の場合には、初診料から始まって診断料、処方料などの他に血液検査の料金や心電図の検査の料金まで含まれて大変な出費となってしまいます。毎回レビトラのためだけに何万円もの出費はできないので他に良い方法は無いかと考えてインターネットなどの情報を見ると出てくるのが「個人輸入」と呼ばれる方法です。
レビトラに限らずバイアグラやシアリスなどのED治療薬の場合は、個人が自分で使う目的のためであれば個人で輸入することが認められています。レビトラの個人輸入は完全に合法なのです。しかし実際に海外の業者に連絡を取ってレビトラなどを輸入しようとすると、思っても見なかったほど困難であることに気がつきます。なにぶんにも医薬品の輸入ですから作成する書類も規定に基づいて英文で作成しなければならず、その他にも海外の銀行に払込みを行ったりと日常では体験しないようなことの連続で疲れてしまいます。
それでもなんとか個人で手配してレビトラなどを輸入できれば良いのですが、薬品を輸入する場合には通関などで抜き打ちで開封される場合もあり、税金を請求される場合もあります。またこの時個人で使用する容量をはるかに超えて輸入しようとしていた場合などは、説明を求められた上悪質な場合などは検挙される場合もあります。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ