レビトラの個人輸入と法律の関係

レビトラの個人輸入と法律の関係
レビトラを処方箋なしで国内で購入すると薬事法に抵触をします。譲渡についても処方箋がない限りアウトです。ところが個人輸入で購入した場合には問題がないです。本当にこのようなことが可能なのでしょうか?
海外のメーカーや小売業に対して、業務目的でED治療薬を購入しようと思った場合には厚生労働省によって定められている規制の対象となります。ところが個人があくまでも個人的に使用する目的で海外に発注を出した場合には通関関係の法令がありますがすべて免除扱いとなります。もちろん厚生労働省をはじめとして、関係各省への申請などの手続きをする必要もありません。
またレビトラをはじめとしてED治療薬は、医者の処方箋がないと国内では入手することができません。しかし個人輸入の場合、処方箋がなくても購入することができます。ただし通常の医薬品については1度に2カ月分の使用量を注文することができます。しかし国内では処方箋が必要な医薬品の場合には、1度に海外に注文することができる量は1カ月分に限られます。
このように海外に注文を出して個人的に調達するということは別に法律的には何の問題もありません。ですからもしED治療薬を国内で調達するのが面倒であったり、気恥ずかしさがどうしてもあるという人は、海外に活路を見出すという方法もあります。しかしED治療薬には効果の現れ方に個人差があります。よって最初のうちは処方してもらった薬を服用して、そこから海外で購入することをお勧めします。

 

レビトラの個人輸入と薬事法

レビトラの個人輸入と薬事法
レビトラのような医薬品を購入するためには、通常は処方箋がないといけません。

 

国内で処方箋なしでED治療薬の売買をすると、薬事法に引っかかってくる恐れがあります。

 

ただし国外でED治療薬のやり取りをすれば別に薬事法にタッチすることはなくなります。
そこで個人輸入でED治療薬を購入する人が増えてきています。
レビトラの個人輸入は、海外旅行でショッピングをするのと基本的な仕組みは同じです。
別に海外で何かほしい商品があって購入をしたとしても、

 

なまものなどを外せば別に誰かれにとがめられることはありません。

 

この仕組みを個人輸入では採用をしています。
レビトラを購入したいとします。この場合海外にある小売店やメーカーに対して直接的に発注をしてしまいます。
これは海外のショップで商品を購入するのと全く同じです。

 

対面であるか、パソコンを通じての注文であるかの違いのみです。

 

ですから別に何ら問題はありません。
しかも医者に行って診察を受けて処方箋をもらって薬局に行き購入するという手間も省くことができます。
ただしもし海外から購入したレビトラを誰かに販売をした場合には薬事法に抵触をします。
販売をする人はおそらく確信犯でしょうが、なかにはうっかりミスで薬事法に抵触してしまう場合もあります。
それはだれかに売買ではなくただ単に譲渡をした場合です。

 

ED治療薬のようなものを譲渡しただけでも薬事法に引っかかってきます。

 

このへんには十分に注意をしないといけません。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ