心因性EDならカウンセリングも有効

心因性EDならカウンセリングも有効
担当医師は、あなたの症状について説明を求めるでしょう。「EDの症状はどれぐらいの期間続いていますか。」といった質問がよくされるようです。また、簡単な身体検査や血液検査が行われ、関連する健康状態や生活習慣(喫煙習慣や特定の心臓疾患治療薬の服用など)をはじめとして、他のEDの原因がないかどうかを調べられることもあります。EDの原因が喫煙や服用している薬にあると考えられた時には、禁煙や服用している薬の切り替えが必要となることもあります。
また、精神的な原因である場合には、カウンセリングがEDの改善につながることもあります。カウンセリングでは一般的なものと、深層心理に問題のあるものがあり、後者は精神科医または心理学者と話し合います。
ちなみに、最近の調査では、勃起に関与する血管や神経などに器質的障害がなく、心理的要因によって生じる心因性EDにおいてもED内服薬が有効であるという海外データも発表されています。
治療にかかる費用の目安
ED治療にかかる費用は、保険適応の対象とならず、また、どこまで検査するかなどはそれぞれの症状に応じて異なることから、医療施設により差があるのが現状です。
ただし、おおよその目安として初診時の診察、一般検査、そして内服薬を処方してもらった場合にどの程度の費用となるのか、あらかじめ医療機関に問い合わせておくとよいでしょう。また再診以降、特に問題がなく頻繁に通院する必要がなければ、薬代以外の費用はあまり発生しないことも考えられますので、この点も問い合わせてみたらいかがでしょうか。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ