レビトラ使用時の注意点

治療薬としては安全性が高い薬品ですが、75歳以上でリトナビル、インジナビル、ケトコナゾール、イトラコナゾールなどの強力なCYP3A4阻害薬を使用している人の場合はレビトラの使用は危険です。
また腎不全などで人工透析を日常的に行っている人の場合もレビトラなどのED治療薬は服用しない方が良いでしょう。
またアジマリン、アミサリン、シベノール、キニジン、リスモダンなど不整脈用の薬剤を服用している人もレビトラは使用できません。

 

また意外なところでは水虫の薬であるイトリゾールを使用している人はED治療薬は利用しない方が良いでしょう。
HIV治療薬であるクリキシバンやノービアなどの抗ウイルス剤を使用している場合もレビトラの使用は危険です。
さらにチトクローム阻害剤と呼ばれるリトビナル、インジナビルなどの一連の薬もレビトラとは相性が合いません。

 

また肝臓などに重度の機能障害がある場合や末期の腎不全患者、遺伝性の網膜変性症などがある場合にもレビトラに限らずED治療薬の利用は見合わせた方が良いでしょう。
またレビトラには催淫効果はないため女性がレビトラを服用しても効果はありません。
さらに以前ED治療薬を利用したことがある人で、48時間(丸二日)以上に渡って勃起状態が続いた経験のあるような人はレビトラなどのED治療薬の服用は危険です。

 

レビトラを服用する際に少量のアルコールを飲むことは禁じられていませんが、多量のアルコールとともに摂取した場合にはより強い副作用が出る場合があります。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ