レビトラの成分

は塩酸バルデナフィルです。
レビトラ20mgの錠剤には有効成分として塩酸バルデナフィル水和物23.074mgのうちのバルデナフィル20mgを含有しています。
このバルデナフィルという成分はバイアグラの成分であるシルデナフィルと良く似た化学構造をしています。
ちなみにレビトラの通常の用法は10mgの錠剤を1個経口服用するというのが基本容量となっています。
ただし10mgで充分な効果が得られなかったり、特定のタイプのED患者に対しては1回につき20mgまで増量して服用することが認められています。

 

レビトラの主な成分である塩酸バルデナフィル水和物には、シルデナフィルなどと同様に生体の中で環状グアノシン-リン酸(cGMP)の分解を行う5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の酵素としての活性化を阻害するという働きがあります。
塩酸バルデナフィル水和物のこのような作用によって陰茎の周辺のNO作動性神経に影響を与え、多くの血流が陰茎に流れ込むことになります。

 

レビトラ、バイアグラ、シアリスは「三大ED治療薬」と呼ばれています。
成分的に見た場合、レビトラとバイアグラの成分はひじょうに似通っていますが、シアリスのタダラフィルと呼ばれる成分だけは大きく構造が異なります。
しかしレビトラ、バイアグラ、シアリスともに血管拡張作用があるため、「顔がほてった感じ」などの副作用はいずれの場合にも共通して見られます。
またレビトラは即効性にも優れており、作用も5~10時間程度持続します。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ