レビトラの種類と使い分け

な治療薬であるレビトラには容量の違いによって、5mg、10mg、20mgといった3種類の錠剤があります。
これは患者のEDの程度や年齢などによって容量を加減するために、お医者さんが処方しやすいように容量別に分けられているのです。

 

高齢者の人や肝機能に問題が有る人の場合には、まず5mgのレビトラから処方されるのが通常の方法です。
その後、薬の効き具合や副作用の具合などを考慮して、適時お医者さんが処方を変更します。
レビトラなどのED治療薬を最小限の副作用でしかも最大限の効果を得るためには、こうしたお医者さんから言われた処方をきちんと守ることがひじょうに重要なこととなります。

 

またレビトラに限らずEDの治療薬をお医者さんから処方してもらう場合には、ふだんから常用している薬剤がある場合には必ずすべて申告しておくことも重要です。
EDの患者によっては「他の薬を常用していることを知られたらEDの治療薬を処方してもらえないかもしれない」などと考えて故意に申告をしないといったケースもあるようですが、これはひじょうに危険なことです。
特に心臓疾患でニトログリセリンなどを使用している人の場合には、これを隠してレビトラなどのED治療薬を服用すると重篤な状況に陥ることもありますので、こうした薬を用いている場合には必ず報告しましょう。
お医者さんの方でもこうした情報を元にレビトラの容量を変更したり、またレビトラに代わる他の薬剤を処方するなどの対応をとってくれます。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ