包茎手術の費用

包茎手術の費用

真性包茎という状態の場合には、保険が適用されますので、実際の負担額は2~3万円程で済んだという方がほとんどです。

 

けれども仮性包茎は病気ではないという認識なので、費用は実費になります。

 

10万円前後はかかるようですよ。

 

泌尿器科であれば安心して手術を受けられるでしょう。

 

費用も安い方なのだそうです。

 

けれども仮性包茎の手術というのは見た目を改善するという意味合いがメインになります。

 

性器の形を整えるという面では、美容外科やクリニックの方が向いています。

 

顧客満足度を高めるために形にこだわりを持っているからです。

 

医師の技術次第でも仕上がりは異なってきます。

 

高齢となって女性との触れ合いの機会が無ければ、さほど形を気にすることもなくなるでしょう。

 

けれども幾つになっても男としての見栄やプライドを大事にするのが男性ですから、仕上がりをメインに選ぶのであればクリニックの方がオススメです。

 

費用が安く10万円以下で施術してくれるクリニックもありますが、そのような安さの裏には仕上がりの低さや質の低さも疑われますので、注意が必要です。

 

知らずに追加オプションが発生していたというトラブルもありますので、あらかじめしっかり見積もりを出してもらいましょう。

包茎治療はどこの病院で診療すればいいのか?

包茎治療をどこの医療機関で受けるかは、非常に重要です。

 

理想は実績もあって腕のいい医師がいる身近な医療機関がいいものの、必ずしも家の近所にちょうどいい医師がいるとは限りません。

 

大概は、遠くの病院に行かなければならなかったりするでしょう。

 

どこの泌尿器科でも包茎治療は行えないことはないのですが、その治療が必要か必要でないかの判断、包茎治療に長けた医師なのかということは治療に影響をおよぼすでしょう。

 

包茎治療では基本的に健康保険がききませんから、医療費の全額を自己負担することになります。

 

後から治療を受ける必要もなかった、予想以上の費用を請求されたと困っても後の祭りです。

 

追加料金を請求される場合もありますから、最初の説明で全ての料金提示をしてくれる医療機関のほうが良心的です。

 

インターネットで包茎治療を扱っている医療機関のサイトを見てみると、どこも競うように症例数が高いことをアピールしています。

 

一つの病院に、包茎治療だけで毎日10人もの男性がやってくるでしょうか。

 

仮にやってきたとしても、何万件もの症例を積むまでには10年以上の実績が必要なはずです。

 

そうしたことも含めてチェックしておかないと、治療に失敗して取り返しのつかないことになっても悔やみきれません。

 

医療機関の多くはまずカウンセリングを無料で行っている場合が多いので、それを利用して良い医師がいるかどうかを判断することをおすすめします。