包茎手術の経験

包茎手術の経験

包茎手術は一生のうちに何度もするものではありません。

 

一度すれば終わりです。

 

けれども実際に手術を受けた人というのはまだまだ多くはありません。

 

治療が必要だと言われている真性包茎は手術を勧められるでしょうが、それでも手術を受けずに過ごしている人もいます。

 

必ずしも大きな問題になるわけでもないようです。

 

セックスをする際にスムーズに行かなかったり、おしっこが飛び散るなどの問題はありますが、必ずしも手術しなければならないというわけでもないのです。

 

実際に包茎手術を受けた人の体験談を読んでみると、クリニック選びが大事だということが分かります。

 

体験談の中には「泌尿器科は質が低い」というものもありますが、クリニックで失敗して泌尿器科に行くというケースもありますので、クリニックも泌尿器科も担当者の技術や質が大事なのでしょう。

 

ちなみに真性包茎であれば保険適用内で手術を受けられます。

 

けれども仮性包茎は病気ではないという認識なので、保険は使えません。

 

手術を受けて亀頭がしっかり出て入れば自信を取り戻せる、と考えている男性もいますよ。

 

けれどもセックス中に男性器をまじまじと見たり、女性がペニスを口にする際にそこまで見ていなければ、さほど気にしなくてもいいでしょう。

 

包茎手術を煽るクリニックもありますが、焦ることなく冷静に考えましょう。

 

 

包茎治療の実際を知りたいなら、経験者の体験談を知る機会があったほうがいいですね。

 

何も知らないまま、医師に言われるままに治療を受けるのでは、包茎治療が本当に必要なのかどうかすらわかりません。

 

包茎治療のほとんどは手術となるため、いざ治療を始めるとなってから臆病になる人もいます。

 

もちろんそこで治療を中止するのも自由ですが、そこで簡単に止められるのは本来治療が絶対に必要ではなかったケースのはずです。

 

絶対に治療が必要な包茎の場合や自由意志で包茎治療を受ける場合、経験者の体験談を探してみましょう。

 

ブログなどに書いている人がいますから、参考にしてみるのです。

 

そうすれば、治療が必要かどうかも判断がついてくるでしょう。

 

手術にはメスを使わない方法もありますが、手術を終えて麻酔が切れると痛みを感じてきます。

 

数日間は痛みが続いたという人が多いので、痛みに弱い人は覚悟しておく必要がありそうですね。

 

手術の翌日から、普通の日常生活が送れると思ったら大間違いです。

 

痛みで仕事どころではなく、休みをとればよかったと思うはずです。

 

数日間は安静にしていられるように、お休みをとって治療を受けたほうがいいそうです。

 

もう一つ、体験談で確認しておいてほしいのが、費用の件です。

 

医療機関によっても異なりますが、大体どのくらいの費用でどんな治療を受けているのチェックしておきましょう。