包茎の種類と治療

包茎の種類と治療

包茎の中でも幾つかの種類がありますし、多くの男性が包茎についての知識をある程度持っています。

 

例えば真性包茎のケースだと、皮がかぶっている部分に汚れが溜まりやすいというデメリットがあり、可能するなどのリスクもあります。

 

真性包茎だと炎症になるリスクが高いので清潔を維持するのも大変です。

 

なので手術による治療が必要となるのです。

 

真性包茎だと健康保険を利用できます。

 

仮性包茎やカントン包茎というのは、自分で亀頭を出すことができる状態なので、真性包茎よりも清潔を保ちやすく、大した支障もないとして保険は適用されません。

 

セックスにおいても大した問題はないといえます。

 

そうなると手術をしようという男性は少ないでしょう。

 

実際、仮性包茎であれば急いで治療をする必要はないのです。

 

クリニックなどの宣伝では、仮性包茎も早急に手術しなければならないと書かれていますが、大げさだと言えます。

 

形の良い性器ならば女性に見られても恥ずかしくないと思うでしょうが、性器をまじまじと見せ合うというカップルや夫婦はそれほど多くありません。

 

女性が気にしない、女性の目を気にしないのであれば包茎治療は必要ないでしょう。

 

高齢になってから、デイケアや介護などで性器を見られるからと、仮性包茎を治療する方もいるようです。

 

男性は幾つになっても恥ずかしいと思うものなのです。

包茎治療にはどんな手術方法や種類があるの

包茎治療には、いくつかの種類があります。

 

手術しなければならないと思い込んでいた人もいるかもしれませんが、最近ではメスを使わない包茎手術も行われています。

 

どの手術法をとるかは、医師との相談によって決まります。

 

切除手術となると、皮を切ることになります。

 

従来の切除手術では傷跡が残りがちでしたが、現在では技術の革新により傷跡の心配をすることはありません。

 

他には、ステロイド剤を用いた治療があります。

 

これは薬で皮膚を柔軟にして、皮が自然に剥けてくるよう促進する方法です。

 

ただし子供向けの治療で、大人になってからでは難しいでしょう。

 

サプリメントや器具を使った民間療法的な対策法もあり、気になっている男性も多いのではないでしょうか。

 

入浴時によく洗うついでに、皮を剥くようにしてみるという自然な治癒を目指す方法を実践している人もいるでしょう。

 

包皮を糸で固定する方法も、病院では行われています。

 

間違っても、真似して出来そうだなどと思わないようにしてください。

 

医師が治療で用いる糸は、自然に消失するタイプですから、医師でもない人が普通の糸を使って性器を縛り付けたりしたら大変なことになります。

 

治療の中には、時が経つと元に戻ってしまう場合もあります。

 

そんなことにならないよう、医師と相談した上で治療を受けるのです。