包茎の種類と治療

包茎の種類と治療

包茎の中でも幾つかの種類がありますし、多くの男性が包茎についての知識をある程度持っています。

 

例えば真性包茎のケースだと、皮がかぶっている部分に汚れが溜まりやすいというデメリットがあり、可能するなどのリスクもあります。

 

真性包茎だと炎症になるリスクが高いので清潔を維持するのも大変です。

 

なので手術による治療が必要となるのです。

 

真性包茎だと健康保険を利用できます。

 

仮性包茎やカントン包茎というのは、自分で亀頭を出すことができる状態なので、真性包茎よりも清潔を保ちやすく、大した支障もないとして保険は適用されません。

 

セックスにおいても大した問題はないといえます。

 

そうなると手術をしようという男性は少ないでしょう。

 

実際、仮性包茎であれば急いで治療をする必要はないのです。

 

クリニックなどの宣伝では、仮性包茎も早急に手術しなければならないと書かれていますが、大げさだと言えます。

 

形の良い性器ならば女性に見られても恥ずかしくないと思うでしょうが、性器をまじまじと見せ合うというカップルや夫婦はそれほど多くありません。

 

女性が気にしない、女性の目を気にしないのであれば包茎治療は必要ないでしょう。

 

高齢になってから、デイケアや介護などで性器を見られるからと、仮性包茎を治療する方もいるようです。

 

男性は幾つになっても恥ずかしいと思うものなのです。