包茎手術商法

包茎手術商法

包茎手術をネタにした悪徳商法もあります。

 

包茎手術商法と呼ばれており、法外な費用をだまし取られるというもので、男性の悩みや不安に付け込んだ悪徳なものです。

 

包茎の悩みや不安を煽って手術しなければならない、と焦らせるのです。

 

そして手術を受けさせ、追加オプションなどを発生させ、費用をどんどん高くしていきます。

 

この場合には専門の医師に言いくるめられてしまうケースがほとんどで、怪しいと思ってもどうしようもないと感じてしまう方が多いのです。

 

悪徳クリニックの噂というのはネットなどでも見かけます。

 

包茎手術しなければならないと焦ってしまうと、このような包茎手術商法に引っかかってしまうのです。

 

基本的知識として、真性包茎は健康保険適用範囲内で手術を受けられます。

 

一方で仮性包茎、カントン包茎だと病気ではないということで保険適用外、全額実費になってしまうのです。

 

インターネットで検索した情報だけで判断していると、不安や焦りばかりがあおられてしまいます。

 

包茎な性器を女性に観られたくないと思うでしょうが、女性がペニスを口に含む機会があったとしてもそこまでまじまじと見る方は少ないでしょうし、包茎でないことを自慢する機会というのもあまりないでしょう。

 

仮性包茎だからといって女性との関係が崩れるなんてことはありません。

 

歳を重ねてから包茎手術するケースというのは、介護などで性器を見られるかもしれない、と考えてのことなのだそうです。

 

そこが気にならなければ、包茎手術は受けなくてもいいのではないでしょうか?

 

包茎治療にも、悪徳商法がらみの問題があります。

 

真面目に男性の悩みを解消しようと奮闘している医師もいるのに、残念ですね。

 

男性にとっては真剣な悩みも、悪徳商法に利用するような輩がいるのは困ったものです。

 

では、包茎治療の悪徳商法にはどのようなケースがあるのかを紹介しましょう。

 

どんな医療機関でも、まずは医師との問診やカウンセリングがあるはずです。

 

そのとき、重要なことが聞かれていなかったり、あまりにも簡単に終わるようなら怪しいですね。

 

治療が始まってからは、何かと理由をこじつけて不要な治療をしてきます。

 

あたかもその治療をしなければ包茎手術の効果が出ないように言われるため、OKしなければならない気になるでしょう。

 

しかし、ここで迷ったり、よくわからないままに治療を受けてしまうといいカモにされてしまいかねません。

 

必要もない治療を受けて、高額な治療費を払う羽目にさせられてしまうのです。

 

中には、手術台の上でローンを組むように迫られた人もいるそうです。

 

包茎治療に限らず、だまされやすいと自覚がある人は断固として断るようにしましょう。

 

あるいは、なぜその治療が必要なのか、誰でも受けているのかと確認し、確信が持てなければ日を改めて治療を受けてみると宣言してみてください。

 

悪徳商法にひっかかってしまうのは、あらかじめ信頼できる医療機関を選んでいないからでもあります。

 

病院選びには、気合を入れて挑みましょう。