バイアグラジェネリックの価格は

「ジェネリック医薬品」の大きなメリットは、薬の効果や効能は正規品と同じで、価格が割安になるというところです。
どうせ薬代を払うなら、少しでも安いほうがお得です。
医療機関にかかる患者のなかには、なかなか主治医にいいだせない人もいますが、テレビCMなどでも積極的にいえる環境づくりを推進しています。
「バイアグラジェネリック」の場合も同じで、正規品の「バイアグラ」よりも価格が安いところが人気になっています。
バイアグラは、1999年に日本でも発売開始されましたが、保険適応外、つまり全額自己負担になるのです。
バイアグラは「ED治療薬」ですが、薬の持続性がないため、性行為のたびに服用する必要があり、男性機能に悩む人にとっては高額な価格が頭の痛い問題になっています。
その点、バイアグラジェネリックは正規品よりも割安価格で販売されているため、バイアグラを求める人には朗報だといえるでしょう。
日本では100㎎が未承認のため正確な比較はできませんが、正規品は1錠(50㎎)当たり1,500~2,000円、ジェネリックでは1錠(100㎎)200~1,000円という低価格です。
また、購入数が多いほど価格が割安になる傾向があるのです。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ