バイアグラの飲み合わせ

バイアグラはEDを治療するための薬になります。

 

薬ですから、当然、他の薬との相性などの問題もあります。

 

飲み合わせと言われるものですが、一つ間違えれば命も危ないものですから、自分が服用している薬との飲み合わせを理解して正しく使うようにしましょう。

 

 

バイアグラは抗狭心薬として製造されたものが始まりとされています。

 

そのため、バイアグラには血管拡張作用があり、心臓に持病がある人に処方されるニトログリセリンはバイアグラと一緒に飲んではいけないと言われている薬になります。

 

そのほか、硝酸薬も飲み合わせとしては最悪の組み合わせと言われているので、服用している方は十分に注意しなければいけません。

 

バイアグラと一緒に飲んではいけない飲み合わせは想像以上に多く、素人が判断するのは危険ですので、医療機関で診察を受けたうえでバイアグラを処方されるのなら医師に相談をした上で検討するようにしましょう。

 

 

現在、バイアグラの購入方法として個人輸入が主流になっていますが、個人輸入は完全自己責任ですので、誰かに説明を受けるといったことが出来ません。

 

初めてバイアグラを使うと言う方もいるかもしれませんが、初回利用であれば、危険性などリスクや安全性の確認の意味も含めて医師に相談をする方がいいでしょう。

 

最近はEDを専門とするクリニックも増え、検査なども必要なく処方してもらえるところが多くなっています。

 

一時期に比べれば非常に利用しやすくなっていますから、個人輸入の前に必ず医師の説明を受けるようにしましょう。
バイアグラなどのED治療薬は錠剤タイプでの薬になります。

 

ジェネリック品などによっては形態が変わっているものもありますが、殆どは錠剤になります。

 

バイアグラは薬になりますので、飲み方を間違えれば、十分な効果を得ることが出来ないばかりか、危険な状態に陥る可能性もあります。

 

正しい飲み方を理解し、安全に性生活を満喫していきましょう。

 

 

バイアグラ、レビトラ、シアリスとそれぞれのジェネリック医薬品は、成分こそ同じに作られていますが、使用法には若干の違いがあります。

 

殆どは錠剤タイプですが、ジェネリック製品の中には経口タイプ、シートタイプ、液状タイプがあり、タイプによって効果の出るまでの時間や持続時間が違ってきます。

 

薬の形態が不安定になるごとに吸収効率がよくなり、特に液状タイプのものは即効性が高いと言われています。

 

 

経口タイプのバイアグラ、レビトラ、シアリスは1日一回まで、性交の30分から1時間前の空腹時にコップ一杯の水で服用します。

 

食後の場合も1時間は空けるのが望ましいでしょう。

 

効果時間に関しては個人差もありますが、バイアグラで平均3時間、レビトラで8時間、シアリスで36時間程度となっています。

 

レビトラは、経口タイプの中ではもっとも薬効が現れるのが早く、シアリスは最も効果時間が長いと言う特徴があります。

 

それぞれ付属の説明書に記載されていますので、熟読し、分からなければ医師に相談をした上で正しく使うようにしましょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ