バイアグラの歴史

バイアグラは今や知らぬ者はいないといわれるほどに多くの方に愛用される薬となっています。

 

販売当初から話題をさらい、多くの男性を魅了し続けるバイアグラがどのようなものであるのかを知る方は意外なほどに少ないものです。

 

では、バイアグラは如何に生まれたのか。

 

その歴史を見てみましょう。

 

 

バイアグラは1999年に承認されたED(勃起障害)の治療薬です。

 

現在は日本でも精製されており、ストレス要因、病気、怪我などを原因としたEDに対しての治療薬として医療現場で使われています。

 

バイアグラの由来となっているのは、バイタルとナイアガラの滝を合わせた造語で、当初は抗狭心薬として開発されたものでした。

 

その試験において被験者からの陰茎勃起の発現が報告されたことを受け、ED治療薬としての研究開発が進められることになったのがバイアグラの誕生の瞬間となります。

 

 

バイアグラの効果は一部で誤解されているような興奮作用はなく、血管拡張作用を主とした効果になります。

 

海綿体への血流増加を促進させる効果があり、勃起をしやすい状態へ誘導することがバイアグラの効果となります。

 

 

現在では特許期間も切れたと言う事もあり、各国の製薬会社がジェネリック製品の開発を行い、安価でのバイアグラ効果を持つED治療薬が製造販売されています。

 

日本国内ではジェネリックを扱っているクリニックは少ないため、ほとんどはファイザー社の正規品であるバイアグラを使うことになります。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ