バイアグラを個人輸入での購入法

バイアグラを使ってみたいと思っている方もいるでしょう。

 

中高年ともなれば、肉体的に年齢を感じる頃でもあります。

 

特に中折れなどで性行為自体が上手く行かないという経験をしている方も少なくはないでしょう。

 

しかし、日本国内でバイアグラを手に入れようとした場合、病院での診察が必要になり、診察にかかる費用などを考えると金銭的な負担は避けられません。

 

そのため、多くの方が利用しているのが個人輸入になります。

 

 

個人輸入は個人で海外から直接取り寄せる購入手段で、薬事法でも認められている合法的な購入方法になります。

 

最近では手続きにかかる手間を請け負う代行業者も存在し、サイトなどを通して取引を行います。

 

サイトの見た目はネットショップのようで、バイアグラの購入は通販のような感覚でオーダーできます。

 

 

個人輸入で購入できるバイアグラの量には限りがあり、1ヶ月に1ヶ月分(30錠)しか購入できません。

 

個人使用の範囲をこえた量を個人輸入すると税関で没収されてしまうことがあります。

 

また、手数料がかかりますので、手数料の確認などをしっかりと行うようにする事で無用なトラブルを回避できるようになります。

 

個人輸入は海外からの取り寄せと言う形になりますので、1万円をこえる輸入品には関税がかかります。

 

関税と通関料を合わせると1,000~2,000円ほどかかり、課税分は代行業者に振り込まず、郵便配達員に支払うので間違えないようにしましょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ