シアリスの副作用が起きたら

ED治療薬の中では、比較的副作用が少ないといわれているシアリス。
しかし、中には心臓や肝臓、腎臓などの疾患があって服用できない人もいます。
血液系統の疾患である鎌状赤血球貧血や骨髄ガン、白血病などを患っている人も、副作用のリスクを考えると服用を避けなければなりません。
このような疾患がある人が治療薬を飲んでいる場合も、シアリスを飲むのは危険です。
心臓疾患が重い人などは、特に性行為自体が心臓に大きな負担をかけるかもしれません。

 

稀にですが、シアリスの副作用に長時間勃起したままの状態が続く場合があります。
プリアビズムと呼ばれる持続勃起小で、万が一勃起状態が4時間以上も続くようであれば非常に危険です。
陰茎内の血流が止まり、陰茎の組織そのものが破壊されてしまう恐れがあるのです。
ただちに病院に行って、診察してもらうようにしてください。
他にも、シアリスの副作用には、発疹や嘔吐、発汗、痙攣などの急激なアレルギー反応が出る場合があります。
シアリスの主成分であるタダラフィルには、血管を拡張させて血流を促す作用があるのです。
ですから、血流や血圧をコントロールする作用のある薬剤を使っている場合は、シアリスの副作用が強く出る可能性があります。
原則的には服用してはいけませんが、主治医に相談してみるとよいでしょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ