バイアグラの個人輸入には注意

世界中で販売されているバイアグラですが、精力剤とは違い医薬品のため、取り扱いに注意する必要があります。
本来、バイアグラは医師の診察を受けて処方してもらうのがベストです。
ドラッグストアや薬局などで店頭販売はしておらず、購入するには医師からの処方か個人輸入しか方法がありません。
個人輸入は、代行業者を通して購入すると非常に手軽に購入できるのですが、それなりの注意が必要です。
まず、個人輸入というのは、あくまでも個人で使用する範囲での医薬品の輸入が認められているということを理解しておきましょう。
輸入代行業者は、医薬品を販売してくれているわけではなく、医薬品の個人輸入手続きを代行してくれているだけなのです。
そのため、一回の輸入には一ヶ月分のみしか輸入できなかったり、キャンセルができないというデメリットもあります。
また、絶対に他人に譲渡したり、販売してはいけません。

 

バイアグラは、EDに効果を発揮してくれる半面、副作用もあります。
それだけでなく、服用してはいけない体質の人や併用禁忌の医薬品などもあります。
それらをあまり知らずに個人輸入で気軽に購入できるからと、過信していては危険です。
自己責任には限度がありますから、最初は病院で医師の指導の下に処方を受けて、2回目以降は個人輸入でバイアグラを購入してみてはいかがでしょうか。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ