バイアグラの主成分

バイアグラの主成分に使われているのは、クエン酸シルデナフィルという物質です。
シルデナフィルは、そもそも狭心症の治療薬として研究が始まったのです。
ところが、臨床試験中に陰茎の勃起促進作用が認められたため、EDの適応薬として販売に至ったのです。
アメリカでは1998年に販売開始、日本でも個人輸入が可能になりました。
EDの人にとっては、夢のように画期的な薬として非常に高い期待を持たれた薬です。
もちろん実用性も高く、今では大きな普及率を見せるほど効果に信頼が寄せられています。
しかし、狭心症患者で硝酸剤を服用している人が、性行為直後にバイアグラの副作用で心配停止となり死亡したという事故が起こってしまいました。
個人輸入で購入したバイアグラを使用してのことだったので、その後は医師の処方箋が必要となったのです。

 

今では、バイアグラの主成分であるシルデナフィルがどんな副作用を起こすかも調べられており、医師から指導を受けることができます。
バイアグラは医薬品ですから、副作用のリスクはしっかり注意しておくことが大切なのです。
ただ、用法や用量をきちんと守りさえすれば、バイアグラは効果の高い安全な薬です。
そうでなければ厚生省も認可しませんし、医師が処方することもありません。
疾患がある人も、ED以外の疾患はない人も、服用の注意は充分心得て使用するようにしてください。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ