バイアグラの様々な効能

バイアグラは、陰茎の勃起時間の延長や陰茎の硬度を強めてくれる薬です。
刺激や興奮を受けると、陰茎に血液が流入するために勃起するのです。
血液が引けば勃起が終わってしまいますが、バイアグラには流入した血液が陰茎から引いてしまうのを抑える作用があるのです。
具体的には、血管拡張物質の一酸化窒素が分泌されて、環状グアノシン一リン酸という化学物質が放出されるのが勃起性組織を膨張させることになります。
陰茎は、環状グラノシン一リン酸を分解する酵素を持っています。
これは勃起をおさめてしまう物質ですから、その働きをブロックするのがバイアグラの役目なのです。

 

バイアグラは、もともとED治療薬のために発明されたわけではありません。
狭心症の治療薬の開発途中に、臨床試験で勃起作用があることがわかり、ED治療薬として開発されたのです。
そのため、陰茎に限らず血流に作用をおよぼしてしまう可能性があります。
血管を拡張させる作用では、血圧への影響で顔がほてったり視界に変化が出るといった副作用のリスクがあります。
本来はバイアグラの効果が消えればおさまる副作用ですが、もしも症状が長く続いているようであれば、心配ですから病院で診察してもらうようにしてください。
現在でも、バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、心不全や肺高血圧症などの治療に用いるための研究が進められています。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ