レビトラとバイアグラの違い

レビトラはバイアグラの後継として販売されているED治療薬になります。

 

後継と言われるだけあり、レビトラはバイアグラを強化したような効果を持っています。

 

バイアグラでは効果が見られなかったと言う方も、レビトラを使ったことで効果が十分に得ることが出来たと言う報告も数多く見られます。

 

 

バイアグラが世界に登場してから5年後の2005年、レビトラは登場しました。

 

レビトラとバイアグラで決定的に違うのは、その主成分になります。

 

レビトラは「バルデナフィル」、バイアグラは「シルデナフィル」と異なる成分を主成分としていますが、
基本的な効果のメカニズムはいずれの場合でも同様で、血管を拡張し、血流をよくする効果があります。

 

 

バイアグラの場合、食事の影響をひじょうに大きく受けると言うデメリットがありますが、
レビトラでは食事の後15分くらいで服用しても効き目が現れるように改良されているなどの改善が見られます。

 

また、即効性が高いと言うことで知られるレビトラですが、宣伝に偽りなしの効果発現時間の早さとなっています。

 

バイアグラが30分~1時間程度であるのに対し、レビトラは最短15分と言う非常に短時間での効果の発揮が確認されています。

 

 

バイアグラは糖尿病患者や以前前立腺ガンを患ったことのある人の場合には使用できないというデメリットもありましたが、
レビトラではこの点も改善され、糖尿病患者や前立腺ガンの経験がある人でも服用することができ、
また充分な効果を得られるようになっています。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ