正規品とジェネリックの価格差

非常に人気の高いED治療薬ですが、個人輸入代行業者のサイトを見て分かるように、レビトラの正規品とジェネリック品には価格差があります。

 

中身は同じ、効果も同じ、副作用も同じ。

 

全てにおいて同等の商品であるのに、何故、これほどに価格に開きがあるのかと疑問に感じている方も多いでしょう。

 

 

バイエル社の正規品は20mg1錠で2000円程度とかなり高額な価格の薬です。

 

日本国内でのクリニックで扱っているのはほとんどの場合において正規品になりますので、この価格に診察費用などが加算されます。

 

保健適用外の自由診察になりますので、時に非常に高価な薬になることもありますが、現在、ED治療に関しての理解も広がったことでクリニックも変わり、診察無料などのクリニックも存在しています。

 

 

対してジェネリック品は非常に安く、場合によっては正規品の半額以下で購入することも可能です。

 

ジェネリックは特許の切れた薬剤などの場合に同じ製品をはるかに安いコストで製造して販売するもので、価格的には正規品の半分や4分の1程度で手に入る場合もあります。

 

今だレビトラの特許は切れていませんが、は国によっては特許法というものが存在しない国があるため、レビトラのジェネリックは堂々と製造販売されているのが現実です。

 

開発にかかるコストと言うのは非常に莫大な資金が必要になります。

 

正規品の価格は、このかかったコストの回収費用だと思うといいでしょう。

 

ジェネリックは開発コストがかかっていませんので、安価で提供することが出来るわけです。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ