医薬品の個人輸入

医薬品は、病院で処方を受けたり、ドラッグストアで購入他にも入手できる手段があります。
それは個人輸入という方法です。
とはいっても個人輸入は、風邪薬など気軽に購入できるものを輸入するためではなく、
日本で入手するには価格が高いもの、あるいは病院で処方を受けなければ入手できない医薬品などが
個人輸入の対象になることが多いです。
例を挙げると、AGA治療に役立つプロペシアやED治療薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスといった医薬品が
個人輸入の対象となることが多いでしょう。
ちなみに個人輸入は医薬品に限らず、様々なものがあります。
では個人輸入とは具体的にどういった仕組みなのでしょうか。
・個人輸入とは?
消費者が海外製の医薬品を個人的に服用することを目的として、個人で使用する量を海外メーカーや海外の小売業者から
直接輸入するこの流れが個人輸入といいます。
この輸入では、あくまでも個人の服用にのみ許可されているので、医薬品を第三者に配布したり、
販売するということは一切禁じられています。
また、通常業務輸入を行う際には国内で販売するために規制がありますが、この個人輸入は法令規制が
免除されます。
個人輸入をする際には、その土地の言葉ある程度、把握しておく必要があります。
その土地ーというのは海外メーカーの所在地です。
インターネットで翻訳ツールなどがありますが、もし問い合わせたいことがあったときに
うまく伝えられないとそれがトラブルの元になってしまいますので、くれぐれも注意してください。
もし、語学力に自信が持てない・・・という場合は、個人輸入代行を利用すると良いでしょう。
個人輸入代行はあなたに代わり海外メーカーへ輸入の手続きを行ってくれます。
また医薬品を選ぶ際にも個人輸入代行のWEBサイトは日本語表記ですので、
ネット通販と同じ感覚で購入できるでしょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ