レビトラ 販売

日本国内において、レビトラを販売している機関は2種類あります。
・病院やクリニック
・海外から輸入する
つまり、レビトラは身近にあるドラッグストアなどでは販売されていないのです。
では、販売ルートについて説明します。
・病院やクリニックの場合
現在、日本では医師の処方がなければレビトラを入手することができません。
ですからレビトラを服用する際は医師の許可が必要となります。
ですが保険適応外となりますので、診察にかかる費用や薬の代金は全額自己負担となります。
そのため、病院やクリニック選びは慎重に行ってください。
というのも、初診料や再診料を無料とする病院やクリニックがあるからです。
またレビトラ1錠の価格もそれぞれ価格差が大きく開いています。
それは、ED治療薬はその価格を各医療機関で自由に設定できるためです。
ですから、どの病院にするかでかかる費用が大きく変動するのです。
インターネット等でじっくり探してみると、お近くの地域で条件に合う病院等を見つけてください。
・海外から輸入する場合
海外製のレビトラを輸入するということです。
郵送料を差し引いても海外製のレビトラの方が格安となるので、多くの方が利用しています。
この場合は、個人輸入代行というものを活用すると良いでしょう。
あなたと海外メーカーを仲介してくれますので、注文が簡単に行えますので、お勧めです。
但し、海外ルートからの購入は、信頼できる業者と取引をしなければ偽物を売りつけられてしまう
可能性があります。
ですから、十分に注意してください。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ