シアリスを個人輸入するリスク

シアリスは言わずと知れたED治療薬になります。

 

多くの方が利用していますが、やはり病院へ行くことに抵抗を感じる方は多くいます。

 

そのため、インターネットを通じて個人輸入を行う男性が非常に多くいます。

 

個人輸入を代行する業者も多く、手間をかけずにシアリスを利用できる利便性から利用者も多いと言われています。

 

 

シアリスは輸入する場合でも個人で使う1ヶ月の量しか輸入することはできないために、こうした通信販売の業者が在庫分のシアリスをあらかじめ用意して注文とともに販売すると言うことはありません。

 

インターネット上でよく見かけるシアリスなどのED治療薬の個人輸入代行業者を選ぶ際には価格ばかりに目が行きがちですが、あまりにも安い価格でシアリスを販売している業者などはまがい物を取り扱っていることも考えられます。

 

中には正規品と偽り、偽者を送ってくる業者もいますので、業者選びは慎重にしなければいけません。

 

 

シアリスの偽物を掴まされないためにも自己防衛はしっかりと考えておく必要があります。

 

第一に、支払い方法を考えるといいでしょう。

 

クレジットカードなどの支払いは手間もかからずに簡単に行えますが、先払いと言う事もあり、偽物を掴まされても業者に逃げられてしまう可能性があります。

 

そのため、支払いは着払いが最もいいでしょう。

 

商品を確認した後に支払いを行う事で偽物を受け取る可能性が低くなります。

 

偽薬であることに気がつかず副作用などが発生しても自己責任となってしまいますので、十分に気をつけて個人輸入業者を利用するようにしましょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ