個人輸入代行で購入したレビトラが体質的に合わなかった場合は

レビトラなどのED治療薬を個人輸入代行業者に依頼して購入し、使ってみたが自分には合わなかった、あるいは頭痛などの副作用が出たなどといった場合には、基本的に自己責任となってしまいます。

 

個人輸入、なかでも個人輸入代行は便利で好きな薬をいつでも購入することができますが、あくまでもその薬の服用は自分の責任の範囲で行われなければなりません。

 

 

そのため個人輸入代行業者ではレビトラやバイアグラなどのED治療薬の購入の際に、あらかじめ「未成年ではないこと」、「購入した医薬品は自分自身が使うためのものであること」、「購入する医薬品についての効果や副作用などについて熟知していること」、「購入した医薬品を他人に販売しないこと」、「日本の薬事法で決められている制限を超えて注文しないこと」などの誓約事項を提示した上ですべて同意することを求めています。

 

 

レビトラやバイアグラ、シアリスなどのED治療薬は同じ容量の錠剤であっても使用する人によって異なる反応が出ることが多くあります。
初めてレビトラなどを使用する場合にはやはり一度お医者さんによる診断を受けた方が良いでしょう。

 

 

また個人輸入代行におけるこの他の注意点として、「クーリングオフの対象とはならない」、「注文のキャンセルは原則的にできない」、「ワシントン条約などで輸入することを禁止されているものに関しては個人輸入代行を依頼できない」などの注意点がありますのであらかじめしっかりと理解しておきましょう。

 

シアリス通販
バイアグラ通販
バイアグラの通販では 問屋価格で提供している商品です 商品お届け保証 迅速配送
レビトラ通販
レビトラの通販では 海外の正規問屋さんから直接 商品お届けしていますので格安価格になっています

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ