レビトラの個人輸入代行と関税

レビトラの個人輸入代行と関税
レビトラを個人輸入代行業者から購入する場合には、いくつかの点に注意しないといけません。
まずは関税の問題です。
輸入をする以上関税の課税対象となります。
レビトラを個人輸入した場合には、どのくらいの関税がかけられるのでしょうか?個人で使用する目的で商品を購入した場合、商品代金の60%に対して関税がかけられることになっています。
ただしもし個人輸入で購入した商品の総額が1万円に満たない場合には、課税の対象からは外されます。

 

レビトラを個人輸入代行業者に依頼をして購入する場合、薬事法に引っかかることはありません。
ただし2つの点に留意をしないといけません。
まずはあくまでもレビトラを購入するのは、個人で使用する目的であるということです。
輸入をした医薬品をほかの誰かに転売することはもちろんですが、友人や知人に譲ったりした場合でも薬事法に引っかかってくる恐れがあります。
特に後者は気軽にやってしまう恐れがありますから注意が必要です。

 

また数量の面でも制限が加わっています。
医薬品を個人輸入する場合には、通常は2カ月分の使用量までしか輸入をすることはできません。
またレビトラのような処方箋が必要な医薬品の場合には、1カ月分の量しか個人輸入をすることができないことも理解しておきましょう。
よって知り合いの分もまとめて個人輸入代行業者に注文をすることはできません。
いずれも結構軽はずみでやってしまう恐れがありますから、きちんと理解をしておきましょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ