更年期障害にもレビトラやバイアグラ

更年期障害にもレビトラやバイアグラ
更年期障害はホルモンの減少によって起こるといわれています。
女性の病気というイメージが強いのですが、男性も、男性ホルモンの減少によって更年期障害を発症する場合があります。
更年期障害は生活の質の低下を来す症候群(PADAM)ともいわれ、EDなど様々な問題を孕んでいます。
更年期障害によるEDの治療に際しては、レビトラやバイアグラなど、専用の治療薬が用いられます。

 

PADAMについては、総男性ホルモンの減少によるものと、男性ホルモンの中でも特に「遊離型男性ホルモン(遊離テストステロン FT)」の減少によるものの2種類があるといわれています。

 

遊離テストステロンは男性ホルモンの中でも特に活性の高い物質で、性機能と密接な関わりがあります。
最近では40代後半から減少傾向にある男性が多いとされており、そのことによって更年期障害を発症するケースが増えています。

 

更年期障害によりEDを発症した場合は、レビトラやバイアグラの服用を行なうとともに、生活習慣の改善、とりわけ食生活の改善が望まれます。
タンパク質の過剰摂取がホルモンの機能を低下させるといわれていますから、欧米スタイルの食事は控えて、栄養バランスを重視した食生活に切り替えると良いでしょう。

 

男性ホルモンは気力のホルモンともいわれ、充実すると性機能を強化し、また精神的にもやる気が出てくるといわれています。
レビトラやバイアグラを上手に活用しながら、いつまでも若々しい肉体を保ちたいものです。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ