レビトラとバイアグラを比較してみよう

レビトラとバイアグラを比較してみよう
1999年にバイアグラが登場、初のED治療薬ということで大きな話題となり、社会現象ともなりました。
この薬の登場をもってしてEDという概念が広く知られるようになり、EDに悩む多くの男性が社会的に認知されるきっかけも作りました。
その意味においても非常に大きな役割を果たした存在といえます。

 

一方、レビトラは後発のED治療薬として登場しました。
まず10mgが2004年に、20mgが2007年に発売が認められました。
これまでED治療薬といえばバイアグラしかない状況だっただけに新たな選択肢の登場はやはり大きな話題となりました。

 

現在ではシリアスも登場し、3種類のED治療薬が存在している状況です。
その中でもバイアグラはやはり知名度、実績において圧倒的な存在感を持っており、現在でも高い人気を博しています。
長年これだけを使い続けているという人も多いようです。
ED治療薬の代名詞としての役割は今もなお揺らいでいないといってよいでしょう。

 

一方、レビトラは後発で知名度の点で劣るものの、その優れた内容が評価されています。
バイアグラに比べて少ない食事の影響と副作用、そして長い持続時間、優れた即効性。
ED治療薬が抱えていた問題点の多くを軽減することに成功しています。
こちらに乗り換えてもっぱら利用している人も多いようです。

 

現時点では知名度のバイアグラ、効果のレビトラといったイメージが強いようです。
ED治療薬の利用を検討している人はそれぞれの特徴を把握し、比較した上で判断するとよいのではないでしょうか。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ