レビトラとバイアグラの歴史

レビトラとバイアグラの歴史
ED治療薬としておそらく最も有名なのは、バイアグラでしょう。
バイアグラはもともと狭心症のための治療薬として開発されたものでした。
ところが狭心症に対しても効果が発見されなかったのです。
ところが副作用として、男性の患者のペニスが勃起をするというケースが多数報告されたためにED治療薬として開発が勧められたという薬のことを言います。
実際に狭心症の臨床実験をしたときに薬剤の返還に応じなかった被験者の人もたくさんいたといいます。

 

レビトラはバイアグラの次に発表をされたED治療薬のことを言います。
日本では2004年に発売が開始されました。
欧米では広く販売をされていて、すでに70カ国以上で愛用されているといいます。

 

この両者ですが、非常にEDに対する効果の部分で似通っているところがあります。
つまり勃起をしやすくすることはもちろんのこと、勃起状態におけるペニスの硬さをさらにアップさせる効果があります。
また勃起をしてからその状態を維持する持続時間もアップする効果があります。

 

ただしよくいわれる誤解ですが、レビトラなどを服用することで意味もなく勃起が始まるということはありません。
レビトラを服用して、性的な刺激がないと勃起することはありません。
また催淫作用も一切ありませんから、ED治療薬を服用した瞬間にムラムラしだすということも起こり得ません。
あくまでも通常の刺激によって勃起の症状が起きたときに、そのフォローアップをする役割しかありません。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ