レビトラとバイアグラの副作用と禁忌

レビトラとバイアグラの副作用と禁忌
ED治療薬で気になるのは副作用です。
日本では医師の処方がなければ入手することができないようになっているのも副作用による健康被害を避けるためです。
すでに海外では服用による死者も出ています。
またネット通販の普及により医師の処方なしで個人輸入で入手するケースも増えているため、副作用の知識は不可欠のものとなっています。

 

ED治療薬として華々しく登場したバイアグラは同時に副作用の心配が大きく指摘されています。
本来血圧を下げるための成分を使用しているため、血圧の急低下やめまいなどが副作用として挙げられます。
また動悸や鼻づまりなども代表的な副作用です。
そのため心臓に疾患を抱えている人や低血圧、高血圧の人などは服用が適さないといわれています。

 

一方レビトラは副作用が少ないといわれています。
しかしそれでもまったくないわけではありません。
おもな副作用としては頭痛とのぼせが挙げられています。
またこちらも血圧を下げる効果があるため、めまいを行うことがあります。
ほかにも鼻づまりや鼻水といった副作用があります。
また、グレープフルーツやグレープフルーツジュースを飲んだ後に服用すると効果が強くなりすぎ、副作用も大きくなってしまうため、禁忌となっています。
注意が必要でしょう。

 

このように、レビトラとバイアグラにはどちらも副作用が伴ってきます。
服用する際にはできるだけ医師の指示を受けておくようにしたいもの。
そうでない場合でも自分の健康状態と副作用を見極めたうえで安全に服用するようにしましょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ