レビトラとバイアグラの内容

レビトラとバイアグラの内容
ED治療薬としてすっかりおなじみの存在となったレビトラとバイアグラ。

 

ED対策に日ごろ服用している人も多いのではないでしょうか。

 

それぞれには特徴があり、それに合わせて選ぶことも重要になってきます。

 

 

まずバイアグラ。

 

1999年に登場し大きな話題となったこのED治療薬はアメリカのファイザー社によって開発・製造されました。

 

その特徴としては服用後30~60分程度かかること、
食事の影響を受けやすいため食前の服用には適さないこと、
食後1時間程度経過してからの服用が求められる点などが挙げられます。

 

 

また効果が持続する時間は4時間程度。
1錠25mgと50mgの2種類が一般的です。

 

一方、レビトラはドイツのバイエル薬品によって開発・製造されたED治療薬です。

 

1錠10mgと20mgの2種類があり、10mgは2004年に、25mgは2007年に販売が認可されました。

 

特徴としては食事の影響が少ないこと、食後30分程度での服用が可能な点、
そして服用後15~30分程度で効果が表れる即効性などが挙げられます。

 

また効果の持続時間は10mgで4時間、20mgだと8時間程度。

 

 

またバイアグラに比べて効果が強く、より重度のEDの治療に適しています。

 

ただし、レビトラの価格はやや高めです。

 

このように、それぞれのED治療薬には特徴が見られます。

 

使用する人によって相性や効果の個人差がでることもあります。

 

どちらを選ぶかは医師のアドバイスを参考にしたり、
自分の健康状態や勃起不全の程度などを踏まえたうえで判断するとよいでしょう。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ