レビトラとバイアグラの効果の違いを知っておこう

レビトラとバイアグラの効果の違いを知っておこう
レビトラもバイアグラも、ともに勃起不全の症状を改善するために服用する事ができる医薬品です。
バイアグラはクエン酸シルデナフィル、そしてレビトラは塩酸バルデナフィルという成分が使われていて、使用されている主成分は異なっています。
また、どちらも食事の影響をうけてしまうため、バイアグラの場合には食後1時間を空けてからの服用、レビトラの場合には食後30分をあけてからの服用と定められています。

 

気になる効果ですが、バイアグラの場合には、服用してから1時間以内に効果があらわれ、およそ4時間は効果が持続するようです。
一方、レビトラの場合には、服用してから効果があらわれるまでの時間は短くて30分程度、効果が持続する時間も10mgを服用した時には4時間ですが、20mgを服用した場合には8時間持続するのだそうです。

 

そう考えると、服用してからスピーディに効果があらわれて欲しい場合にはレビトラの方がお勧めかもしれませんね。
知名度と安心感で選ぶならバイアグラ、といったところでしょうか。

 

レビトラとバイアグラは効果が持続するのが4時間(レビトラの場合には8時間も可能ですが)程度なので、彼女とデートをして、夜にエッチ、そしてまた朝にもエッチをしたい場合などには、作用時間がバイアグラやレビトラでは続かないケースもあるかもしれませんね。
そんな場合にはさらに新しいED治療薬シアリスという選択肢もあるようです。

 

レビトラもバイアグラも、性的な刺激に対して勃起反応を起こすので、日常生活に支障をきたすほど「勃起したままで困る」なんて心配もありません。
安心ですね。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ