レビトラとバイアグラの違い

レビトラとバイアグラの違い
日本ではレビトラよりもバイアグラという言葉の方がはるかに知名度は高いですよね。
レビトラもバイアグラもどちらもED(勃起不全)治療薬として日本で販売されている医薬品なのですが、バイアグラの方が日本国内では先に販売がスタートした事もあり、バイアグラの方が知名度がアップしたのかもしれません。

 

バイアグラの知名度が高いのは日本だけではありません。
世界の3大ED治療薬として知られているバイアグラ、レビトラ、シアリスの中でも、やはりバイアグラの知名度は他の二つと比較するとバツグンに高いのが特徴的です。

 

レビトラもバイアグラも、どちらも勃起不全の症状を改善してくれる効果があります。
しかし、服用するタイミングや、服用した後にどのぐらいの時間で作用してくるか、また、作用する時間など異なる特徴もあるので、違いを知っておくと良いでしょう。

 

バイアグラもレビトラも食事の影響をうけるため、食後しばらく時間をおいてから服用する事が定められています。
バイアグラの場合には食後1時間してから服用、またレビトラの場合には食後30分してから服用する事になっています。
「食後1時間も待たなければいけないなんて、エッチな雰囲気もどこかに行ってしまう」なんていう場合には、食後30分をおけば服用する事ができるレビトラがおススメかもしれませんね。

 

また、作用時間はバイアグラもレビトラも同じぐらいで4時間ほどです。
レビトラには10gと20gのタイプがあるのですが、20mgの場合には作用時間も40mgの倍で8時間と長くなっているようです。
夜に服用して明け方にもまだ効果が持続していて欲しい場合には、レビトラの方が良いかもしれませんね。
レビトラとバイアグラの基本情報
現在、ED治療薬といえばバイアグラとレビトラが広く知られています。
ED治療薬の個人輸入を取り扱っている業者でもこの2つの名前を大々的に宣伝していることが多いようです。

 

レビトラはバイアグラに続いて登場したED治療薬です。
バイアグラは「クエン酸シルデナフィル」という成分がメインとなっており、本来血圧を下げるために活用されていたものでした。
それが勃起治療にも効果があることが判明し、ED治療薬として新たに開発・製造されるようになったのです。
一方、レビトラは「塩酸バルデナフィル」が主成分で、こちらも同じように血圧を下げる効果があります。
その点でこの2つのED治療薬は同じような作用を持っているのです。

 

ただし、具体的な効果となると微妙に異なってきます。
たとえば食事に対する影響。
バイアグラは食事の影響が多く、食前に服用すると効果が大幅に低下してしまいます。
また食後1時間程度経過してからの服用が原則となっています。
一方、レビトラの場合は食事の影響が少なく、食前での服用も可能です。
また食後30分程度での服用が可能となっています。

 

さらに即効性においても違いがあります。
バイアグラは服用が30~60分程度で効果が表れてきますが、レビトラの場合は15~30分程度で効果が出てきます。
その分服用のタイミングが計りやすいというメリットがあります。

 

後発の分、レビトラの方にやや分があるように思えます。
ただ効果には個人差や相性がありますから、自分にあった方を選ぶことが重要です。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ