ホルモン不足にレビトラやバイアグラ

ホルモン不足にレビトラやバイアグラ
男性ホルモンは性的な能力をつかさどる重要な物質です。
精子の生産量や性欲をコントロールし、何らかの原因でホルモンが不足すると、性欲が減退したりEDを発症したりする危険性があります。
男性にとっては男性ホルモンが、女性にとっては女性ホルモンだけが重要なのかというとそうではなく、各ホルモンの比率が乱れた場合にも問題が発生するといわれています。
症状が重い場合は、男性ホルモンパッチを貼ったり、レビトラやバイアグラなどのED治療薬を服用することで改善が期待できます。

 

男性ホルモンの分泌量は、加齢によって減少していきます。
自然現象として避けられない事態ではあるのですが、場合によっては男性の更年期障害(アンドロポーズ)を発症する場合もあります。
気力を失いうつ病気味になり、セックスに対する興味を無くし始める、といった症状が更年期障害の特徴として挙げられます。
正常な日常生活を営むためには、性機能をレビトラやバイアグラでサポートしながら、更年期障害そのものにも目を向けなくてはなりません。
治療に消極的な姿勢をとり、気持ちの問題として看過してしまうと、症状が悪化するケースが多いようです。

 

ただし、注意が必要なのは、バイアグラやレビトラは更年期障害の治療薬ではありません。
もちろん、男性ホルモンを補う働きもありません。
その効能は性機能に限定されたものです。
とはいえ、性機能を回復することで男性としての自信を取り戻し、更年期障害そのものも回復に向かう、という場合も多いようです。

おすすめのed治療薬を輸入代行してくれる安心サイト

ED治療薬
おすすめはレビトラ